July 26, 2011

「金閣寺」初日〜千秋楽の日記


(楽屋にはみんなサインが。JAZZシアターなので
巨匠のサインもちらほら)

7月21日 (初日)

記者会見も済み、演出家としてはほとんど観るだけになって
ほっとしていました。
演目がスタートした、5分後。冷やっとする、アクシデント発生!
出演者の一人がケガをし、どうなることかと見守っていましたが、
無事、大丈夫だったようで、続行していました(どきどき)。。

ブラボーの声も聞こえ、観客の皆さんはドスンとくる
終わりに深く胸を打たれたようでした。アメリカ人は
はっきり感想を言う方が多いですが、
「いまは言葉にならないけれど、とても興味深い
印象が残っている」など興奮冷めやまない感じでした。

出演者、関係者の乾杯のレセプションがあって、みなさん
暑さを吹き飛ばすようにガブガブ飲んでいました〜^^


(乾杯のあとの小野寺修二さんと2時まで飲み直しました〜)

7月22日 (2日目)

この日、観測史上2番目という猛暑!
最高41°まであがりました!!
そんななか、皆さんは体調も万全のようで
初日よりも緊張も無く、リラックスした表情も
垣間みられました〜。

7月23日 (3日目)

北米全土のケーブルで観られるTVジャパン(NHK)の
取材。森田さん、高岡さん、亜門の3人でインタビュー。
リンカーンセンターの建物の一部で行いましたが、
ハドソン川が見える立地の良い場所。このへん住みたい〜^^

この日は五番街のBACCARAT(バカラ)さんが主宰する
BACCARAT & AMONチャリティーパーティが行われ
亜門は着物で駆けつけました(猛暑です^^;;)


(着付がタイヘン。。汗だくです)

被災地に義援金を送るために催してもらい、
「金閣寺」もともに祝って頂きました。
シャンパングラスなど、もちろんバカラでちょっとリッチな気分〜♪

亜門の呼びかけで、「金閣寺」の会場でも
義援金を集めました。(全ての義援金はJCCという
現地の機関から送られます。)


7月24日 (千秋楽)

終演後、ブラボーの嵐とスタンディングオベーションで
公演が終了しました!
「太平洋序曲」「エニシングゴーズ」の脚本家
ジョン・ワイドマンはいつも落ち着いた方なのに、
とにかく興奮して「こんなの見たこと無い!」と話し、
「ドリームガールズ」のヘンリークリーガー、ビルラッセル、
「ミスサイゴン」「テイクフライト」のリチャード・モルトビーなども大絶賛。
それ以上に、現代作曲家のタンドゥンはこの緊張感の続く
溝口の脳内世界を描いた感覚に惚れ込んだようで、
「亜門、とにかくもう一回あって話しがしたい!」と大興奮していました。
クリエイターたちにはとくに深い感銘を与えた作品なのかもしれません。

打ち上げの席には、キャストがずらっと勢揃いし
みなさん労をねぎらっておりました。
「ドリームガールズ」に出演していたリリアスホワイトは
「米兵の役の子が可愛かったわ」と恥ずかしげに握手を求めていました
(ちなみに60過ぎて、孫4人です)。


ご観劇いただいた皆様、関係者の皆様、スタッフ・キャストの皆様、
義援金をご寄付いただいた皆様。ほんとうにありがとうございました!
亜門は、この「金閣寺」の公演でたくさんの応援とご協力を頂き、
さらにさらに、この猛暑よりも熱く、邁進いたします!
さらなるご支援を、今後ともよろしくお願い致します!
amonmiyamoto
(公演終わったら、次のプロジェクトのため地下鉄で駆け回ってま〜す!)





July 22, 2011

囲み会見「金閣寺」



(ローズシアターの正面。クール!)

ゲネプロ前に行われた囲み会見。
日系の記者だけでなく、英語での質問も。



森田さん、高岡さん、大東さんは到着してすぐ、
セントラルパークで夜の10時までキックボードで
遊んでいたらしいですが、もう今日の顔は違います!



真剣に役に入っている表情をされていました。
さすがに大東さんデザインの「金閣寺」シューズは履いてませ〜ん。

いよいよあと2時間で初日開幕です!









July 21, 2011

いよいよ明日、「金閣寺」NY初日

amon-miyamoto

役者の皆さんが初めて劇場に入りました!

リンカーンセンターのローズシアターは
コロンバスサークルというマンハッタンのまん中にあり、
セントラルパークが全望できるところにあります。

amon-miyamoto


もともとジャズを演奏するために作られたスペースでもあるので
音響はバツグン♪ウッディーな客席は、「金閣寺」のセットに
ぴったりハマっています。


(楽屋入り口にこんな表記が^^)

スタッフの半分程度はアメリカ人なので、みなさん英語まじりで
ごあいさつしたりコミュニケーションを取っています。役者さんも
ホテルからマンハッタン内を闊歩してきます。

今、夜の9時半ですが場面ごとの照明や音響を合わせたり、
着々と準備を進めています。

さてさて、みなさんTime Outという雑誌はご存知ですか?
ロンドン、ニューヨークではもっともポピュラーで、さまざまなイベント情報が
掲載されている、日本で言えばぴあのような存在。



そこに、なんと!「金閣寺」が半ページで載ってます!
う〜ん、地元レベルで浸透してる感じ。

いよいよ明日、ゲネプロ&囲み会見、そして初日を迎えます!

http://www.fujisankei.com/video_library/art/kinkakujiamon.html
(動画が見られます)

「金閣寺」リンカーンセンター公式HP
2011年7月21日〜24日 ローズシアター






July 14, 2011

リンカーンセンターフェスティバル「金閣寺』公演

amon-miyamoto

アメリカ、いや世界で最も有名なフェスティバルの1つ、
リンカーンセンターフェスティバルで「金閣寺」を
上演することが決定しましたが、本日、その記者会見が開かれました!

高岡蒼甫さんはNYへの期待を問いかけられ「NYヤンキースの
ハンバーガーを食べたい」と記者の方をリラックスさせ、
大東俊介さんは「作品、人間のエネルギーや日本のエネルギーを伝えたい」
と熱く語りました。また、ゴールド&レッド&ブラックのスニーカーを指し、
「3人お揃いのスニーカーで記者発表に挑むことを、森田くんに
伝え忘れて、今日は高岡くんと2人が仲いい感じです」と微笑ましい一面も。

森田剛さんは、亜門さんの演出家としての印象はと問われ「優しいですね。
細かいところに目を配っています。
みんなで作っていこうと言って頂きました。幼少の頃の話しもしてくださり、
繊細なところと大胆なところが両方ある方だなと思っています」
と語っていました。

現代の若者の姿を切り取り、「生きるとは」という問いかけを
年齢問わず問いかける「金閣寺」。アメリカの観客層にも
日本のエネルギーが伝わるのが楽しみですね!

ニューヨークリンカーンセンターフェスティバル
「金閣寺」@ローズシアター
2011年7月21日〜24日
http://www.lincolncenterfestival.org/index.php/lcf-2011-temple-of-the-golden-pavilion

そうそう、来年1月2月に東京、大阪で凱旋公演が
決定しました!見逃した方も、ぜひ。

「金閣寺」凱旋公演決定!
http://www.parco-play.com/web/play/kinkakuji/NY/


「金閣寺」リンカーンセンター公式HP
http://www.lincolncenterfestival.org/index.php/lcf-2011-temple-of-the-golden-pavilion)DISALLOWED (

)